Looop電気 弱点

切り替えはまずシュミレーションをしてからがおススメ

多くのご家庭の電気代が安くなると注目されているLooopでんき。
まずは、契約前にシュミレーションしてみましょう。

 

シュミレーションに必要な準備物としては、現在の電力会社の検針票のみです。1ヶ月分の検針票でもシュミレーション可能ですが、12ヶ月分あるとより正確にシミュレーションすることができますよ。

 

シュミレーション方法としてはLooopでんきのシミュレーションページにアクセスし、タブの中からご家庭の対象のエリアを選択します。

 

すると検針票の見本が表示されるので、その見本を参考に「電力会社」「電力プラン」「対象月」「使用量」などの必要事項を入力していきましょう。
入力が完了したら「この内容でシミュレーションする」をクリックすれば、シミュレーション結果が表示されるのでとっても簡単です。

 

現在の契約プランが従量電灯の場合は、安くなることがほとんどだと思われますが、場合によっては安くならないこともあるので、まずはシミュレーションして確認してみましょう。

 

もし、思っていたよりも少額の差であっても、数ヶ月・数年と支払っていく電気代なので、少しの差でも検討してみる価値はあると思いますよ。

 

是非、基本料金0円・一律の料金単価・数分で申し込みができるLooopでんき。
一度シュミレーションしてみてはいかがでしょうか?

 

>> Looopでんきの詳細はこちら