Looop電気 弱点

Looopでんきを北海道で使った場合…

Looopでんきの特徴は提供エリアの広さです。

 

新電力会社の中には限られたエリアでの電力提供である会社も多いのですが、Looopでんきは「北海道電力エリア」から「東北電力エリア」「東京電力エリア」「中部電力エリア」「北陸電力エリア」「関西電力エリア」「中国電力エリア」「四国電力エリア」「九州電力エリア」とほぼ全国で使用できることが分かります。

 

その中でも寒い地域で、他の地域に比べると冬の電気代が高くなりがちなのが北海道エリアです。
実は北海道は国内で1番電気代が高いとも言われています。

 

しかも 北海道電力は2013年と2014年に大幅な電気料金の値上げを行い、家計を苦しめているかもしれません。
そんな北海道でLooopでんきに切り替えた場合、電気料金は安くなるのでしょうか?

 

実際に北海道にお住まいのご家庭で料金シュミレーションを行ってみたところ、
3人世帯・マンションの場合は年間約20,000円も電気代が安くなり、3人世帯・戸建ての場合は年間約30,000円もお得になる結果が出ています。
とても大きな金額ですね。

 

何故、ここまで電気代が安くなるのかというとLooopでんきは基本料金が0円であるからです。

 

先ほどのマンションのシュミレーションでは、従量電灯Bで40Aを利用したと想定としています。これと同様の条件を北海道電力でシュミレーションすると基本料金だけで40Aの場合1,339円20銭もかかります。

 

また、戸建ての場合は60Aで2,008円80銭もの基本料金が発生します。
しかし、Looopでんきでは基本料金が0円なので、その分安くなると言えます。

 

皆さんがお住まいの地域でもLooopでんきが使用できるようであれば、一度シュミレーションされてみることをおススメします。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

 

 

本当にお得になるの?Looopでんきに変えた場合の料金

Looopでんきに乗り換えるメリットは、電気代が安くなることです。ただ、どの程度料金が安くなるかは電気の利用状況によって大きく変わります。

 

例えば、家にいる時間が短い単身世帯の場合は、Looopでんきに切り替えても料金が殆ど変わらない、もしくは高くなる可能性があります。それに対して、家族で暮らしている場合や電気の使用量が多い家の場合は、料金が安くなる可能性が高くなります。電気の使用量が多い場合は、1年で2万円以上安くなることもあるなど、しっかりとした節約効果を期待することができます。

 

実際に、どの程度安くなるのか事前に確認しておきたいと考えた場合は、Looopでんきのサイトにある料金シミュレーションを活用しておくと良いでしょう。勿論、料金シミュレーション通りにならない可能性はありますが、その場合は解約を考えることも可能です。

 

Looopでんきは基本料無料や使用量が増えても料金が変わらないなど、お得なシステムを採用しています。そしてもうひとつ、解約をしても違約金が発生しないため、合わないと感じたらその時点で乗り換えを検討することもできます。

 

そのため、現在の料金を少しでも安くしたいと考えているのであれば、Looopでんきへの乗り換えを検討してみると良いでしょう。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら