Looop電気 弱点

マイページやアプリからできることとは?

Looopでんきは契約後、マイページを利用していくことになります。

 

具体的にマイページでできることは、「明細照会」と「契約内容の管理」です。

 

明細の照会では、電気の使用量がどれだけなのかを確認できるので節約意識が芽生えやすいでしょう。

 

Looopでんきの特徴として、節約額チェッカーという機能があり、電力会社切り替え前後で使用した電気代を比較することもできます。

 

契約内容の管理では、名義変更や住所や電話番号の変更が可能です。
アンペアの変更や解約・お引越し手続きは電話からとなっていますので、ご注意ください。

 

また、2017年10月3日にはLooopでんきのスマホアプリがリリースされ、手軽に電気料金などの確認ができるようになりました。

 

アプリは、ログイン後「電気使用量」を最初に確認することができ、前日の1時間毎の電気使用量が表示されます。
それから「詳細」をタップすると時間ごとの気温と使用量を数字で確認することもできます。

 

さらに、「請求情報」をタップすると、「請求金額」を確認することができます。

 

アプリから確認できるのは「電気使用量」と「請求金額」のみとなっているので、細かい内訳が知りたい場合や明細を印刷したい場合は、ウェブ版のマイページを利用しましょう。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

 

 

Looopでんきの申込前に!しておきたいシュミレーション

Looopでんきの申込前に確認しておきたいのが、料金シュミレーションです。現在の電力会社と電力プラン、契約電力と対象月を入力するだけで、どれだけ安くなる可能性があるかを計算して貰うことができます。

 

実際に、Looopでんきの料金シュミレーションを利用する時に必要になるのが、現在の契約プランなどが分かる検針票です。検針票を手元に準備した状態で、Looopでんきのサイトにアクセスすることで、手軽に入力作業を進めていくことができます。

 

検針票を用意し、料金シュミレーションのページに進んだ後は、エリアを選択し必要な情報を入力していきます。見積もりパターンは、1ヶ月と12ヶ月から選べるようになっています。本当に節約に繋がるか知りたい場合は、両方の結果を確認しておくと良いでしょう。

 

料金シュミレーションでは、これまでの電気代とLooopでんきに乗り換えた場合の電気代、そしてソーラー割などを利用した場合の電気代が表示されます。使用電力が多い場合は、これまでよりも安くなることが殆どです。

 

どの程度安くなるかを事前に把握していれば、安心してLooopでんきに乗り換えをすることができます。そのため、Looopでんきに興味がある場合は、料金シュミレーションから始めてみると良いでしょう。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら