Looop電気 弱点

Looopでんきの最大の魅力は料金体系

Looopでんきの最大の特徴と言えばその料金体系でしょう。

 

まず、基本料金が0円であることから電力会社をLooopでんきに切り替えることで電気代が安くなることが多いと言えます。

 

例えば、東京電力を例に挙げると契約アンペアによって下記のような基本料金が発生していました。

 

 

・10Aの場合280.80円
・15Aの場合421.20円
・20Aの場合561.60円
・30Aの場合842.40円
・40Aの場合1,123.20円
・50Aの場合1,404.00円
・60Aの場合1,684.80円

 

 

と、電気を使用しなくても発生するのが基本料金でしたが、Looopでんきの場合基本料金は0円なので使用しなければ電気代は0円なので、その分電気代が安くなり節約できるというわけです。

 

電気基本料金0円を掲げている電力会社は現段階ではLooopでんきのみなので、Looopでんきは注目を集めている新電気なのです。

 

また、もう一つのLooopでんきの料金体系の魅力として単価が一律であるということでしょう。

 

例えば、これまでの電力会社の場合使用すればするほど単価が上がっていく仕組みで、東京電力の場合、〜120kWhで19.52円、120 kWh〜300 kWhで26.00円、300 kWh〜で30.02円という仕組みでした。

 

しかし、Looopでんきの場合一律26円ととってもシンプルな単価設定であることが分かります。

 

この単価設定はエリアによって異なりますので、一度確認してみてはいかがでしょうか?

 

>> Looopでんきの詳細はこちら

 

 

北海道でも利用可能?お得なLooopでんき

 

料金が安いLooopでんきは、都会でしか使うことができないのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、Looopでんきは全国各地で使うことができるようになっています。そして勿論、北海道でも問題なく利用可能です。

 

北海道でLooopでんきを選ぶメリットは、電気の使用量が増えても料金が高くならないことです。電力会社によっては、使用量によって1kwhの価格が上がることが多くなっています。それに対して、Looopでんきの場合は使用量が増えても単価が上がることはありません。

 

寒い北海道は、冬になると暖房が欠かせません。そのため、通常よりも多くの電力が必要になります。使用量に応じて単価が上がるシステムの場合、冬は電気代が跳ね上がりやすくなります。

 

Looopでんきの場合は、使用量に関わらず一律料金となっているため、北海道で乗り換えを行えば大幅な電気代節約に繋がることは少なくありません。そして、停電になったり電力が不安定になったりすることもないため、安心して電気を使い続けていくことができます。

 

北海道で暮らす人の中には、冬場の電気代の高さで悩んでいるという人も多いでしょう。そんな場合は、Looopでんきへの乗り換えを考えてみることがおすすめです。それによって、悩みを軽減できる可能性があります。

 

>> Looopでんきの詳細はこちら